人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならこの人工歯治療は保険適応の入れ歯などの治療に比べてあごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との調節するなど時間がかかってしまい、治療を始めてから終わるまで通した費用はかなりかさみます。

もしこの治療が保険適用だったら、医療費は増えてしまい、社会保険料の値上げが懸念されるので、今後も保険適用にはならないでしょう。
インプラント治療の大きな難点は、費用の問題があるでしょう。

失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、自由診療のため、歯科医院によっても想像するよりも費用は違ってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるということも忘れてはいけません。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか確認してください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治してしまうのがとても大事です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故につながる可能性が増えてしまいます。
現代、このような病歴があるからといってインプラントの治療ができないとと決めつけることはできないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

入れ歯を使うことに抵抗がある、ようはは入れ歯だと見た目が嫌で仕方ないかたには選択肢としてインプラント治療があります。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは事実なのですが、周囲にもそれと気づかれにくく、見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。

歯を抜いたところにも取り外しをしなくてよい人工歯を装着できて便利なインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同じように、注意すべき面もあります。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているインプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に問題のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用がこのままではとてもできないと診断されることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。