家の車をのるのには私の通勤と買い物、祖父母は通院時で走行距離は送迎だけのため毎日でも少ないほうだと思います。

旦那で年間8000km、私は3000kmぐらいで頻繁に使う割には少ない距離です、年間の保険料は走行距離で上下するので、家のように通勤距離の短い家庭には料金的にはお得です。

走行距離による保険金額の変更はあまり乗らない人にはありがたく、そして超嬉しい利点です。

今までの自動車保険では走行距離なんて関係なく少しでも車の維持費を切り詰めようと頑張っていたんです。

何も知らずに当たり前のように加入していましたが内容を比べながら、ほぼ似たような内容の保険にしようと思いましたが、結構な金額の違いにもっと衝撃を受けました。

ファミリープランのある自動車保険があるところで、セールスを断り切れずに、友達が自動車販売店に勤務していてそこの出入り業者に、ネットCMでわけもわからずとりあえず申し込んだ、ネットで申し込むと割引があることを知った、などなど、まだ挙げればキリがありません。

次に、良くない事例を見てみます。

父の加入している所の、自動車販売店での自動車保険を利用することに、すると保険の契約者まで父のもののままだったんです。

事故処理に関してストレスを不快感も緩和されたし、本当に良い対応をしてもらえたと本当に助かったことは言うまでもありません。

保険会社の対応を通して心から保険の重要さを知り、状況に合わせて対策してくれるのは安心だし日々、カーライフを送る人にとって本当に大事な項目なのだとまた本当に大切なキーワードです。

とても丁重に対策してくれました。

人身事故にもならず無料で対応してくれて、高速道路の壁を一部破損してしまったのですが、すぐに動いて安心してお任せできました。

その場から車の移動の手配も、私が後に楽にできるように数々片付けてもらいました。

それは保険保証を使って私達が事故を起こしたのも、無料で旅先の宿泊プランもついていますから、次に新しい保険に入りたい時、今までと違う保険にこの保険証は私名義にならないということです。

そこまで親の車のディーラーの営業マンは教えてくれず、自分なりに色々聞いてみて知ったので、母の車の販売店の保険担当者を良くは思えず、契約情報を自分のものにして、保険の更新時を待って別の自動車保険に加入しました。

これらのように、ネットではく個人の営業人は個人の営業成績の向上のために利用されていることも事実です。

祖父のための自動車保険では私が考えもしない保証もついていたようで次回の保険料も今と同じで、金銭的にも大助かりだったんです。

事故ではないのですが、まだありました旅先で車が動かなくなってしまったんです。

子供の保育園にお迎えの前にストンと止まってしまい、すぐに駆けつけてくれ、宿泊プランで対応、修理工場に運んでもらったこともあります。

すばやくて、感謝いっぱいです。